ご自宅で健康保険をつかって受けられる訪問機能訓練マッサージ

パラ駅伝 in TOKYO 2019

  • HOME »
  • パラ駅伝 in TOKYO 2019

パラ駅伝 in TOKYO 2019

2019/3/24(日)、日本財団パラリンピックサポートセンターが主催する、
パラ駅伝 in TOKYO 2019が開催されました。

障がいのあるランナーと健常者のランナーがタスキをつなぐ駅伝。
障がいの有無に関係なく誰もがスポーツを楽しみ理解を深めるイベントです。応援ゲストとして、「新しい地図」の3人やキャイ~ンの2人、フィッシャーズ、吉本芸人も参加。

前日の真冬並みの天候から一転、快晴のもと、1万7500人の観客が集い、イベントを楽しみました。

私たち「東京在宅サービス」は第1回目からメディカルサポートのボランティアとして参加。
メディカルチームの編成と医務室の運営管理、ボランティアマッサージを担当しています。

チーム編成にあたっては、普段大変お世話になっている様々なクリニックや訪問看護ステーションなどにボランティア協力をお願いしました。
お忙しい中にも拘わらず、以下のクリニックや看護ステーション、施設などから、医師4名と看護師21名が駆けつけて下さいました。

医師:小石川ホームクリニック
   慶聰会 矢澤クリニック
   医療法人社団洋誠会 かわいクリニック
   聖路加国際病院
看護師:NPO法人 マギーズ東京
    上智大学大学院
    白十字訪問看護ステーション
    むつみ訪問看護ステーション
    ソフィア訪問看護ステーション駒場
    社会福祉法人 星風会
    くりはらメディカルクリニック
    小石川ホームクリニック
    タツミ訪問看護ステーション瑞江
    ソフィア訪問看護ステーション阿佐ヶ谷 分室西荻窪
    ホスピタルケア白金高輪
    はしもと南口クリニック
    日本財団在宅看護センター アィルビー訪問看護ステーション

今年は天候が良かったせいか、逆に熱中症・脱水等の急患が同時多発的に発生。盛り上がる会場のバックヤードで、医務室に詰めていた医師・看護師はフル回転で処置に当たって下さいました。

来年は、いよいよ東京オリンピック・パラリンピック!

スポーツを通してダイバーシティを感じ、それが日本でのインクルーシブ社会誕生の端緒になればと願っています。

 

これからも私たち東京在宅サービスは、
パラスポーツを大いに盛り上げるため、
このような機会でのボランティアを積極的に行っていきます。

訪問機能訓練マッサージ      
東京在宅サービス スタッフ一同

 

TEL 0120-137034

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

 お電話のお問合せは

PAGETOP
Copyright © 東京在宅サービス All Rights Reserved.
東京都新宿区新宿1-5-4 YKBマイクガーデン201号