訪問マッサージの東京在宅サービスです。
 
令和2年1月28日、
板橋区の「愛の家グループホーム 板橋高島平」にて、
職員向けの勉強会が開催されました。
そこで弊社東京在宅サービスが講師として
お手伝いをさせて頂きました。
 
◆日時 : 令和2年1月28日(火) 16:00~17:00
◆場所 : 愛の家グループホーム 板橋高島平
◆対象 : 施設職員・小規模多機能職員 
◆参加者: 約10名
◆タイトル : 
ボディメカニクスを意識したトランスファー
 
ボディメカニクスとは、
簡単に言うと、
最小限の力で、介助する人・される人両方の無理やリスクを軽くする、体の使い方、
ということになるでしょうか。

基礎は学んでいても、
現場ではついつい“力まかせ”になることも。
そして、いつしか腰痛膝痛となり、介助するのが苦痛に。

それを防止するために、
どういう風に体を使えば、
何に気を付ければ、
お互いが楽にできるのか?

それを、
座学と実践にてお伝えしました。

実践では、
やはり「困難事例」の移乗をどうするのか
という質問が。
それに応えるように、
まずはやり方を見てもらい
説明しながらやってもらい
すると・・・

「ほおおお~」

という感嘆の声がそこかしこに響きます。
皆さん、
とても熱心に体の使い方を学んでおられました。

これらかも、
東京在宅サービスでは、
“ケアする方のがよりよくケアできる”
そのお手伝いをもっとできるよう、
さらに地域に貢献できる、
企業づくりを目指していきます。
 
東京在宅サービス
 教育部インストラクター
  小久保智弘
 地域担当カウンセラー
  高山和祐

※過去に依頼を頂いて行った研修会の一部はこちら

※講習会研修会をご希望の方はこちら