こんにちは。
中野区で訪問マッサージの相談員をしている
東京在宅サービスの湊です。

9/3(火)、
中野区の医師会館で行われた、勉強会に参加してきました。

内容は、「嚥下内視鏡検査の評価」

今回は、
中野共立病院の中川美和先生より
実際のVE(嚥下内視鏡検査)の動画を見せて頂きました。

今回から新たにグループワークが加わりました。

VEの映像を実際を見、
グループに分かれて、
その嚥下評価をしました。

わからないながらも、
嚥下反射が起きるのはどの時点なのか
唾液や残渣貯留はどこにどの程度か
ということを
所定の様式を使って点数化します。

歯科医師がグループに1人ずつおられて
解説しながら色々アドバイスして下さいました。

この患者さんは嚥下が非常に困難ということで胃瘻造設。
しかし吸痰頻回。
脳溢血で高次脳機能障害。
ご家族の強いご希望で退院。在宅へ。
そして10日後に肺炎で再入院という説明。

最後に各グループで
この患者さんを退院させたのは、
果たして正解だったのか?
という議論を行い、終了しました。

私たちマッサージも在宅ケアに係る以上、
この摂食嚥下の問題は避けて通れません。
より気づける、伝えられる、協働できる
ようにするために、様々な知識UPが必要だと感じました。

訪問マッサージ
東京在宅サービス
中野区担当相談員
渉外業務部 湊