さくらクリニック練馬勉強会_スライド_訪問マッサージ東京在宅サービスこんにちは。
訪問マッサージ 東京在宅サービス
中野/杉並区担当相談員の湊です。

令和元年12月4日
緑の森さくらクリニック練馬主催
の第2回勉強会、

「在宅で終末期を支える」

に参加してきました。

第一回参加の様子はこちら

さくらクリニック練馬勉強会_佐藤院長_訪問マッサージ東京在宅サービス今回もたくさんの参加者が。
佐藤先生が一声かければ、
近隣のケアマネジャー、訪問看護、リハビリ職がどっと集まります。
その中の一人としてお呼び頂いたのはうれしい限りです。

開所して半年そこそこのクリニックの勉強会で
ここまで人が集まるのは、かなり凄いことだと思います。
佐藤先生の人望もさることながら、
佐藤先生を支えるスタッフの方々の対応力にも頭が下がります。

今回のテーマは「終末期」でした。

さくらクリニック練馬勉強会_スライド2_訪問マッサージ東京在宅サービス「延命治療」とは何か?
そもそも医療の大半が延命治療。
「延命治療は拒否します」という患者の意思表明。
では、その意思の中にある「延命治療とは何か」
この思いを汲み取っていくことが大切です。

先生は仰いました。

「終末期における
 医師の役割は、
 選択肢を示し、
 一緒に考え、
 方針を決めて
 寄り添うこと」

その思いの実際の事例を2つご紹介いただきました。

更に内容はACPにも及びました。
今話題の「人生会議」。

人生の最終段階を迎える前に
どのような医療・療養を受けたいかを
予め書面に残すことに賛成の人が多いにもかかわらず
実際に作成している人はほとんどいないという現実。
だからこその意思決定、というより、
医療療養の選択をするために
それを誰かと共有することの大切さを
教えてくださったように思います。

さくらクリニック練馬勉強会_懇親会挨拶_訪問マッサージ東京在宅サービス
私たち訪問マッサージも
患者・家族の最期の思いに寄り添い、
医療者・介護関係者との密に連携し、
QOLあるいはQODの向上に
寄与したいと感じました。

本当に有難うございました。

これからも、
微力ながら「チーム」の一端を担っている自覚を持ち、
研鑽していきたいと思います。

訪問マッサージ
東京在宅サービス
地域担当相談員 湊貞行

追記:

スタッフの方がこっそり教えてくださいました。

「(会場とスケジュールの関係で)
 講演時間を無理矢理短くしました。
 本当は、佐藤先生はもっともっともっと
 話をしたがっておられたんですけれどね~」

佐藤先生のチームの成長に対する強い愛を感じます。