こんにちは。
中野区で訪問マッサージの相談員をしている
東京在宅サービスの湊です。

7/27(火)、第2回なかの地域福祉オンラインフォーラム
に参加しました。

第1回はコチラ

今回のテーマは、
コロナかでの介護サービスの取り組み
~コロナ禍での介護者家族のつながりはどうなった?
介護が必要な方へのサービスが途切れないために~

ケアセンター希の戸澤さん
中野友愛ホームの田村さん より、

訪問介護、特養それぞれの立場から、
コロナ禍の始まりからどう動き、
噴出する苦悩や困難の経験、
そして、その中で知った、
「機動力のある連絡網」の大切さ
をお伝えくださいました。

弊社も鍼灸マッサージという在宅ケアに関わっている以上、
訪問介護の方々と同じような苦悩困難は、各施術者が経験しています。
お話の内容に全て共感でき、
そして、日祝を頓着しない緊急事案と連絡の大切さも身に沁みました。

私たち鍼灸マッサージも在宅ケアに係る以上、
普段からの連携をより意識して、
協働できる組織にならなくてはと思います。

訪問鍼灸マッサージ
東京在宅サービス
中野区担当相談員
湊 貞行