訪問マッサージ東京在宅サービス_社内医療講演会チラシ_低栄養脱水予防訪問マッサージの東京在宅サービスです。

弊社では社内教育として
施術者の知見・技術向上のための勉強会を
定期的に開催しております。
その一環として、社外からも講師をお呼びして
医療講演会を開催しております。

タイトル

さわってわかる?
低栄養・脱水予防

日時

2020年1月20日(月)18:50~

講師

安田淑子先生
K-WORKER認定栄養ケア・ステーション
管理栄養士

今回ご協力いただいたのは、
栄養ケアを通じて、地域全体の食・栄養に関する相談や、健康づくり・重病化予防に取り組まれている、
管理栄養士の安田先生。

栄養・脱水をキーワードに多岐にわたる解説をしてくださいました。

—————————————————————————————-

訪問マッサージ勉強会_低栄養脱水予防@東京在宅サービス11 低栄養
・低栄養とは?

・さわってわかる低栄養①
 ~体重等のデータが無い場合
  1)膝高測定式、下腿周囲長測定法
  2)上腕周囲長測定、上腕三頭筋皮下脂肪厚計測
  3)指輪っかテスト

・血液検査から見つける低栄養
  アルブミン値、コレステロール値、ヘモグロビン値

・さわってわかる低栄養②
 ~血液検査していなくても
 こんな爪は鉄欠乏のサイン

・低栄養、負のスパイラルで脱水もサルコペニアも

訪問マッサージ勉強会_低栄養脱水予防@東京在宅サービス32 脱水
・脱水とは?
  摂取量と喪失量

・さわってわかる脱水
  体の各所を見たり触れたりしてわかる基準

・食事量と脱水
  この料理の水分量は?

・脱水予防
  ①しっかり食事
  ②水分は液体とは限らない

訪問マッサージ勉強会_低栄養脱水予防@東京在宅サービス53 サルコペニア
・サルコペニアとは?

・サルコペニアの原因
  高齢者は栄養摂取時の筋タンパク同化力が減少

・たんぱく質の必要量
  30代女性=0.9g /日/体重1kg当たり
  70代女性=1.06g/日/体重1kg当たり

・キーワードはダブルプロテイン

訪問マッサージ勉強会_低栄養脱水予防@東京在宅サービス74 在宅での嚥下調整食
・在宅食生活の実際

・サルコペニアは口にも喉にも

・嚥下調整食とは

・在宅での視点は
 うまく食べられない
  ~かたさ、付着性、凝集性

・さわってわかる食べる力
  握手してみると

・うまく食べられない時の食事の工夫

・栄養補助食品や配食弁当

・濃厚流動食を美味しくする工夫
  ①冷やす②固める③混ぜる

・地域で食の課題に対応します

訪問マッサージ勉強会_低栄養脱水予防@東京在宅サービス8在宅ケアに関わる者として、
食の問題は非常に重要です。
相談や悩みを聞くこともしばしば。

少しでも、ご利用者やそのご家族も含め、
関係者の方に悦んでいただけるように、
今後も東京在宅サービスでは
訪問マッサージの技術や接遇の研鑽を
続けて参りたいと考えています。

在宅ケアマッサージ 東京在宅サービス
教育部 一同

筋力低下・ADL低下等でお悩みの方、訪問マッサージをご希望の方はこちら