訪問マッサージの東京在宅サービスです。

訪問マッサージ勉強会_腰痛の在宅リハビリテーション_樋口美幸先生@東京在宅サービス4外部から講師をお呼びしての社内勉強会=医療講演会を開催しました。

タイトル

腰痛の在宅リハビリテーション
~腰痛の機序・評価と運動療法~

日時

2019年12月2日(月)18:45~

講師

訪問マッサージ勉強会_腰痛の在宅リハビリテーション_樋口美幸先生@東京在宅サービス5

樋口(井上)美幸先生
  理学療法士修士
  株式会社アール・シー代表取締役

 

 

弊社ではおなじみの樋口(井上)先生より、
腰痛の運動療法について
その基本と実践を教えて頂きました。

訪問マッサージ勉強会_腰痛の在宅リハビリテーション_樋口美幸先生@東京在宅サービス6

腰痛のメカニズム
腰痛のガイドライン

そして、腰痛の運動療法。

1)全身的なアプローチ
(低強度の有酸素運動)

2)リハビリテーション・エクササイズの
 基軸となる代表的メニュー

訪問マッサージ勉強会_腰痛の在宅リハビリテーション_樋口美幸先生@東京在宅サービス7

3)局所を主とした特異的アプローチ

の順に、丁寧にその基本と実際を講義して頂きました。

特に私たちの臨床現場では、
2のリハビリテーション時の内容が重要です。

基本は3つ。
・ペルビックティルト
・カールアップ
・ブリッジ

現時点で慢性腰痛をお持ちである患者に対して、
そのリスク軽減も含めた実際の方法の説明がありました。

訪問マッサージ勉強会_腰痛の在宅リハビリテーション_樋口美幸先生@東京在宅サービス8

元々わかっていた施術者も、
見よう見まねでやっていた者も、
何がリスクファクターで
どこに効かせようとしているか
その細かい点が理解できたと思います。

時間が押す中、樋口先生は更に、
3の局所アプローチ、
つまり、疾患別のアプローチも話して頂きました。

訪問マッサージ勉強会_腰痛の在宅リハビリテーション_樋口美幸先生@東京在宅サービス9

訪問マッサージ勉強会_腰痛の在宅リハビリテーション_樋口美幸先生@東京在宅サービス10

椎間板ヘルニアの症状とテストと治療。
脊柱管狭窄症の症状と治療。
仙骨へのアプローチとしての関節モビリゼーションによる腰痛緩和法。
加えて、生活動作指導。

非常に幅広く、漏れのないような配慮をしてくださいました。

 

訪問マッサージ勉強会_腰痛の在宅リハビリテーション_樋口美幸先生@東京在宅サービス11

腰痛は現場でも最も多い主訴の一つと言えます。
少しでも、ご利用者やそのご家族も含め、
関係者の方に悦んでいただけるように、
今後も東京在宅サービスでは
訪問マッサージの技術や接遇の研鑽を
続けて参りたいと考えています。

 

在宅ケアマッサージ 東京在宅サービス
教育部 一同

腰痛ほか痛みでお悩みの方、訪問マッサージをご希望の方はこちら