こんにちは。
杉並区で訪問マッサージ東京在宅サービスの相談員をしている湊です。

6/14(木)18時~
サンフレンズ上井草で開催された、
サンフレンズウォームハート合同公開研修
に参加させて頂きました。

今年度のテーマは

 【 明るい終活 】

第一回目タイトルは

「エンディングノートの書き方」 

講師は
尾上正幸 先生
 (株)東京葬祭取締役、終活アドバイザー

このタイトルからは想像もつかない、
とても楽しく、少しホロリとして、
未来に勇気を頂ける、
そんな公開研修会でした。

 

 

エンディングノートという言葉からは
ともすれば、
「ハイハイ、財産の整理ね、
 お墓の問題もあるね、
 そうそう、終末医療どうするかね
 わかったわかった。
 大事だってこたぁわかってるって」
という内容が想起されます。

が、
そういう所謂「終い支度」の話ではなく、
自分の人生を振り返り、
自分の縁を振り返り、
これからどう生きたいかを夢見、
その為の健康プランの実践計画をし
これからできる自分だけの夢の実現に向かう

・・・そういうエンディングノートの「考え方」
のお話でした。

途中、居眠りするかもしれない…という心配もどこへやら。

泣けて笑えて希望が持てる、
そんな合同研修でした。

 

 

 

次回は9月の予定で「最期まで食べる」内容のよう。
次回も期待したいと思います。

訪問マッサージ
東京在宅サービス
杉並区担当相談員 湊貞行