訪問マッサージ東京在宅サービスの相談員 湊です。

12/17(月)
中野区・新宿区・杉並区の3区合同医介塾に参加してきました。
今回は二部構成。

第1部は、伊勢 真一監督作品「やさしくなあに〜奈緒ちゃんと家族の35年~」の映画上映でした。

中野区訪問マッサージ東京在宅サービス_181217映画やさしくなあに_ポスター映画「やさしくなあに」は、
てんかんと知的障害をもつ人の
35年に及ぶドキュメンタリーです。

・・・と、思って見ていたのだけれど
湊の感想は、

これは、ある家族のドキュメンタリーだ。

ということでした。

障害という問題だけでなく、
親子の感情の起伏、
夫婦間の気持ちのすれ違い、
退職後の第二の人生の生き方等々、
いろいろな「どこにでもいる家族の諸問題」が浮き彫りになっていた、と感じました。

娘を小学校に送り出し「バイバーイ」と言いながら、心配で少しだけ追いかけようとする、お母さんの赤いくつ。
グループホームにお泊まりに行って一緒のベッドで寝かしつけるときの、優しげなトントンをする老いが始まった手。

どのシーンも、特別でもなんでもない。

だからこそ、自身に向けて、心に響くものがありました。

181217映画やさしくなあに_杉並中野新宿合同医介塾_中野区訪問マッサージ東京在宅サービス_4181217映画やさしくなあに_杉並中野新宿合同医介塾_中野区訪問マッサージ東京在宅サービス_6第二部は懇親会。

医療介護福祉だけでない、色々な人が集まって、ビール片手に語り合いました。

とても良い夜でした。

 

訪問マッサージというと、
高齢者や難病の方のイメージがありますが、
弊社の場合、実は肢体不自由の方全体に
深いつながりを持っていたりします。

これを機に、
来年、少し違った動きをしていこうと思っています。

訪問マッサージ
東京在宅サービス
相談員 湊貞行