「弊社施術者がメディカルサポーターのマッサージ師として、選手の皆様の疲労回復のお手伝いをさせて頂きました!」

2018年3月4日(日)

まだ肌寒さは残りますが、とても気持ち良い運動日和となりました。

障害者ランナーと健常者がタスキを繋ぐパラ駅伝も今回で3回目となり、14都県16チームに加え、初海外チームのラオスが参加するので注目される大会となりました。

  

 

← まさに、快晴!

 

 

 

今回メディカルサポーターのマッサージ師として16名が対応し、32名の選手や大会開催関係者の方に施術を受けて頂き、大変喜んで頂けました。

大会参加の吉本の芸人さんたちにも何度も来て頂きました。


 

 

天井の高い開放的なオープンスペースです

顔は見えませんが皆さんゆるみまくってます

 

 

 

 

車椅子の選手も施術に来て下さいました

車椅子を腕で漕ぐので肩から腕がバキバキ

 

今回は東京から4000kmも離れたラオスからの参加もあり、ますます大きな大会になってきました。

パラ駅伝が、障害のある方に夢と希望が持てる大会でありますよう、これからもサポートを続けて行きたいと思います。

また次回の大会も沢山の方のお越しをお待ちしてます!